「浄水器のお水とミネラルウォーターはどちらが良いの?」
これは、安全で美味しい水を求めている人が一番最初に気になることだと思います。
どちらにしようか迷っているという方のために、これらの共通点と違いについて、簡単にご説明しましょう。

浄水器とミネラルウォーターの共通点

浄水器とミネラルウォーターの共通点は、美味しいお水を飲むことができる点です。

浄水器のお水とミネラルウォーターの違い

浄水器のお水とミネラルウォーターの違いは、お水そのものの違い、そして安全性です。
浄水器は、水道水のカルキ臭や残留塩素を取り除くための機械です。
詳しく言えば、水道水に含まれる塩化石灰という成分を取り除く働きがあるのですが、ほとんどの浄水器はそれ以外の有害物質には対応していません。
水道水に含まれる赤錆やトリハロメタン、放射能等を除去できるタイプも中にはありますが、機種は限られており、非常に高額だというデメリットがあります。

さらにマメにカートリッジを交換しないと、雑菌が繁殖する危険もありますので、メーカーの指示に従って定期メンテナンスを行いましょう。
ミネラルウォーターの原料は、水道水ではなくミネラル分の含有された地下水です。
工場で徹底的に品質管理し、濾過、不純物の沈殿、加熱殺菌やミネラルバランスの調整などを行っているので、美味しいのはもちろん安心して飲むことができます。

コスト的なメリット・デメリット

機械さえ通せばいつでも美味しい水が飲める浄水器に比べ、ミネラルウォーターは「いちいち買いに行かなければならない」というデメリットがしばしば指摘されます。
コスト的な面を考えると、常設できる浄水器の方がお得に見えるのですが、フィルター交換などのメンテナンスコストは継続的に必要となります。

その一方、最近は水の宅配サービスが盛んになっており、非常に安価で安全なミネラルウォーターが出回っています。
浄水器のメンテナンスコストと宅配のミネラルウォーターのコストはほぼ変わらないとさえ言われており、むしろミネラルウォーターの方が長い目で見れば安くなることもあるようです。

長期・継続的に使用したいと思っている方や、忙しくてメンテナンスの時間を取りにくい方などは、ミネラルウォーターの方が良いかもしれませんね。