軟水と硬水の違い 〜水硬度の比較〜


水は硬度によって軟水か硬水に区別されます。
硬度とはその水に含まれているマグネシウム、カルシウムなどといった成分の濃度の基準になります。
カルシウム等の他にもたくさんの元素を総称してミネラルといいますが、これらミネラルが高いものを硬水、逆に低いものを軟水と呼んでいます。
日本では沖縄の一部を除き、殆どが軟水でミネラルが少ないとされていますが、飲みやすくてご飯を炊くのにも向いているし、コーヒーや紅茶にも最適だとされています。
軟水のほうが風味を損ねないので、香りを引き出すことになるためでしょうね。

ヨーロッパや北米では硬水が主流です。これは大地を形成する地殻物質の違いにあるようです。
一般的に硬度が1〜100mg/Lを軟水、300mg/L以上のものを硬水と呼び、その間は中硬水と言われています。
またWHO(世界保健機関)の基準では、120mg/L以下が軟水、それ以上は硬水とされているそうです。

料理で使い分けるとすれば、日本料理には軟水が向いており、肉の煮込みなどの西洋料理には硬水がむいている!といった拘りの意見もあります。
硬水を使う事でアクが出やすくなり肉の臭みを抑えたり煮崩れを防ぐといった効果もあるので硬水はビーフシチューなどに適しています。
パスタにコシを与えるのも硬水を使うメリットのひとつだと思います。

直接取り入れるなら体にやさしいのは軟水です。
赤ちゃんのミルクなどを作る際は軟水を利用するといいでしょう。
実際に飲み比べないと分かりにくいのですが、軟水と硬水を比較してみると口当たりが軽くて飲みやすいのが軟水。
硬水はミネラルが多い分、しっかりとした飲み応えを感じます。
あとお風呂についても軟水は敏感肌の人にはむいているそうです。刺激が少なく肌にも優しいのが軟水です。
軟水にはデメリットがないといってもいいかも知れません。味がない、薄い…くらいでしょうか!

軟水の硬度と特徴

◇硬度:1〜100mg/L
◇口当たりが優しく、飲みやすい
◇コーヒーなどで風味がよく出る
◇旨み成分を引き出すので日本料理にはむいている
◇石鹸の泡が立ちやすい

硬水の硬度と特徴

◇硬度:300mg/L〜
◇のどごしが強くしっかりした飲みごたえ
◇コーヒー等の風味が出にくい
◇アクが出やすく和風料理には適していない
◇石鹸の泡が立ちにくい



硬水軟水の違い〜硬水の効能


硬水の効能として挙げられるメリットやデメリットを紹介します。
ミネラル豊富な硬水はおいしい水としても体の栄養バランスを補給するにも適しているお水です。
スポーツ後の水分補給などに特にむいていますね。

ただし普段は多量に飲んでしまうと消化器系に影響を与えてしまう可能性があり、下痢などになりやすいので注意が必要です。
マグネシウムは下剤にも使われるくらいなので、これをメリットと考えるか、デメリットとするかは使う人次第でもありますよね。
水を換えるだけでお通じが良くなるなら便秘解消にはメリットあるといえます。

また硬度と別に飲料水を分類する時にピーエイチ(pH)という基準がありますが
これは水中の水素イオンがどれくらい含まれるか?といったことを示す単位になります。
1〜14までの数字で区別され、1なら酸性がつよく、中間なら中性、マックスの14に近いほどアルカリ性といった風になっています。
人間の体は健康な人だとpHが約7〜8の弱アルカリ性だそうです。
人の体は弱アルカリ性の状態がベスト!酸性に傾くと体調不良を訴える様になるみたいですね。
飲んでみると性質により味の印象も違う様ですが、飲み水として相性が良いのはアルカリ性だそうです。
吸収がよく疲れを癒したり中性脂肪や糖の分解にも役立ちます。

弱酸性の水はうがいや消毒、洗顔や化粧水として使うのがいいです。
酸性の水を日常的に飲む事は体にとってよくないそうですよ。